ゴルファーの視力を守るためにはサングラスがマスト

ゴルフのプレーにはサングラスの着用を

ゴルフをしていると、日光の強さをすごく感じます。これは夏に限ったことではなく、冬場でも同じです。ご存知のとおり、ゴルフ場は開けた場所にあり、広い芝生と砂のバンカー、そして池などで出来ています。周りに林などはありますが、プレーするのはその開けた場所です。日差しをさえぎるものは何もないので、日光を浴び放題の状態です。これでは肌や髪はもちろんですが、目にもよくありません。ゴルフをするまで気づきませんでしたが、目には思った以上の紫外線が届いているようです。ボールを打つために目をこらすと、たまに痛みを感じるくらい、光が強いのです。

ですので、プレー中にサングラスをかけている人は多いです。ゴルフをするまでは、あれはただのファッションだと思っていましたが、実は目の健康を守るためだとわかりました。形も色も、人によってさまざまで、共通点はあまりありませんが、こだわりを持つ人は人気のプレーヤーがかけている物を使っているようです。自分が気に入って使用しているのは、かけたときに顔との隙間ができにくいタイプで、これだと横や下から紫外線が入ってこないので快適なのです。

では、視力が悪くて普段から眼鏡をかけている人はどうすればいいかというと、そういう人用のサングラスがあるのです。眼鏡にクリップで留められるように出来ていて、使わない時は上にあげることができます。特に男性に愛用者が多く、プレー中によく見かけています。このように、いろんな種類があるので、これからゴルフをはじめる人は、サングラスを忘れないように用意した方がいいと思います。

注目情報

Copyright (C)2017ゴルファーの視力を守るためにはサングラスがマスト.All rights reserved.