ゴルファーの視力を守るためにはサングラスがマスト

ゴルフ用のサングラス選びの基準

最近は、プロゴルファーのおしゃれなファッションの影響で、実用性だけでなく、ファッション性の高さも兼ね備えたものが増えています。しかし、ファッション性を意識しすぎるあまり、ゴルフに向いてないものも増えています。特に多いのが、サングラスです。ゴルフは、基本的に天気のいい日に楽しむものです。ただ、天気がいいと、日差しがきつく場所によってはプレーに影響が出るところもあります。そんな時、役に立つのがサングラスなのです。では、ゴルフ用のサングラスを選ぶときにどんなところに気をつければいいのでしょうか。

まず、一番気をつけないといけないのは、サングラスの遮光性です。スポーツ向きのものを買えば、まずありえないことですが、ファッション性を意識するあまり、遮光性の強すぎるものをつけてしまうと大変です。ゴルフは技術のほかに、目標地点までの距離感も重要になるスポーツです。ですが、距離感は明るいところと暗いところでは、かなり違って感じます。ファッション性を重視するがゆえに、上手く距離感の取れずスコアが悪く、ゴルフを楽しめないのでは本末転倒です。遮光性は弱めのものを選びましょう。そして、次に大事なのが、形状です。形状こそファッション性を高めるためには重要だとは思いますが、サングラスは必ずしも日の光をさえぎるだけのものではないのです。その時々の天候によっては、風が強かったり、雨が降り出したりもします。そんな時、バンカー近くで砂が目に入ったり、打つ瞬間雨粒が目に入り、ショットが乱れることを防ぐのも役割の一つなのです。そのため、レンズが出来るだけ目の周りを覆ってくれるような少し大きめのものがお勧めです。ゴルフをする上で、自分をかっこよく見せることも大切ですが、やはりスポーツはいい結果が出てこそ楽しい部分が多いのです。ゴルフを楽しむためにも、それに合ったサングラス選びをしてください。

注目情報

Copyright (C)2017ゴルファーの視力を守るためにはサングラスがマスト.All rights reserved.